書くザトウクジラ

寄り道こそ、王道。

インフル発症者にかける最適な言葉

 


f:id:marimoconnect:20180123075801j:image

 

インフルエンザーが、大雪とともに日本列島を席巻しております。大流行と言ってもよいでしょう。

 

しかし、本記事でインフルの具体的な予防策を講じていくという訳ではありません。どちらかと言うと、エンザ発症者に対してどのような言葉をかけるべきなのか?というスタンスで考えていこうと思います。

 

なぜなら、いくら予防策を張り巡らせまくったとしても、この症状に関しては100%かからなくなる!というと、そういう訳では断じてありませんので。

 

それよりは、身近にいる弱った方々に対し、適切な心づかいをして、今後の人間関係まで円滑になるような策を講じた方がよっぽど、実利的だと思うのです。かかるものはかかるのだから

 

但し、下記のような人はもともと救いようがありませんので、除外してください。

 

(例)

・インフル潜伏中に関わらずノンマスク

・基本毎晩全裸寝

 

あくまで、マスク着用して、周囲にも礼儀を重んじられる律儀な風邪ひきさん限定なのです。

 

それでは、優しく紳士的な言葉とは何なのか?段階的に紐解いていきましょう。

 

比較しやすいように一律で、❝もしかしてインフル?❞という始まりの定型文で検証していきます

 

△「もしかして、インフル?...早く治るといいね」

  押さず引かずの程よい距離感で、微かな体ケアの願いもさり気に込められている、日本人に最も好まれる傍観者的スタンスだ。

 ここでのポイントは二人きりとか、なるべく周りの人に聞かれないようなシチュエーションを選ぶ必要があるということです。

 隠れインフル発症者はできることなら、誰にも言いたくないはずです。周りから批難と軽蔑の目で見られるからです。思わずぶちまけて「近寄るな、ばい菌め」などと言われてしまった日にゃ生涯の心の傷となりかねません。

 そうは言っても、周囲はこの人に早く病院へ行ってほしいのです。その部分が弱いので、△としています。

そこも相手を気遣いながら伝えるには...

さて一体どのような言葉を選ぶべきなのか....

 

 

 

ここで、ダメダメな例を一本はさみたいと思います。

 

大✕「もしかして、インフル? 移すなよ頼むから(笑)」

こういう発言をさらっとできてしまう人は、もともと嫌われている節があるのでしょう。

とどめの(笑)の殺傷性の高さといったら!

いい機会です。この際、距離を置いてやりましょう。

 

 

 

おまたせしました。以下、大正解の大宝言でございます

 

◎「もしかして、インフル? いい病院紹介してあげるよ」

 まさにこれではないでしょうか?

 自分の行きつけの腕の立つ医者を教えてくれるというのです。しかも、さり気なく病院に行ったほうが良いということも示唆しており、マスクしてる人に対し何でもかんでも「風邪移さんといてや!早よ病院行ってくれ!」とわめき散らすヒステリさんの言葉とは、まったく受け取り方が変わってきます。

 

この言葉のポイントは

(仕事や学校があり)病院に行ってる場合ではない or 単に通院が面倒くさい発症者に向けて、さらっと自発的意思を促しているところにあります。

 

確かに言われた方は、悪い気はしないですよね!

腕の立つ医者とな!

さらに対男性には、美人な看護師付きという情報もつけ加えれば最高でしょう。

 

さぁ、みなさんも

おいしいフレンチ知ってるよ 的なタッチで

明日から声に出してみよう。

 

" もしかして?インフル

いい病院紹介してあげるよ "  ニコっ

 

 

by 角砂糖  (*>_<*)ノ より。

 

 

p.s.

自分がインフルエンザにかかってしまっときに、他人がどういう風に話しかけてくれるかで、その人の真の"ひととなり"や、自分を普段どれくらい思ってくれているのか、が計れる気がします。

本当に大事にしてくれる人というのは、自分のピンチ時に一番優しく接してくれる人だ、という事実は揺るぎのない理のようです。