書くザトウクジラ

寄り道こそ、王道。

モンハンワールド何も知らないけど見た目だけで解説してみる

 

こんばんわ。昨日、モンハンの最新作が発売されたようですね。
ああ--------  やりたい--------

しかし、現実はお金もPS4も無いので

 

" せめてモンスターハンターワールドの楽しい世界だけでも空想したい "ということでほぼ見た目だけでモンスターの解説をしていきたいと思います。

 

さぁ、あなたもモンスターハンターワールゴ(誤)の世界へ旅立とう。


 

 

浮空竜パオウルムー

 
f:id:marimoconnect:20180127145306j:image

 

春になると、体中にたんぽぽの綿毛を身にまとって、たんぽぽになろうとする。春以外は毛がない。翼が生えていないので、自然物を帯びることで、飛行能力を持つようになった。幼少期は平安時代の蹴鞠の由来ともなったモンスター。鳴き声は "ぱお~ん"

 

 

 

 

 

風漂竜レイギエナ

 
f:id:marimoconnect:20180127145541j:image

 

別名、走るエリマキトカゲ。うなじから耳にかけて、触ると興奮して、前方へなりふり構わず猛追する癖がある。特に新米ハンターがその二次災害に巻き込まれやすいので、要注意だ。偶然にもニホンという国でバブルと呼ばれる時代に発見され、今に至る。必殺技はバブルシャワー(上図参照)。翼の羽ばたく音は " バサバサッ "

 

 

 

 

 

掻鳥クルルヤック


f:id:marimoconnect:20180127192812j:image

 ある日、1羽のニワトリと1頭のラッコが仲よく浜辺で鬼ごっこ遊びをしていました。しかし、たまたま打ち上げられたザトウクジラによって、ラッコだけがその下敷きになってしまいました。ニワトリはラッコの形見として、ラッコが最後に残していった20kg程の小岩を大事にするようにしました。クジラへの復讐の念を持ったまま生き続けた個体がこちらです

 

 

 

 

 

山田孝之:亜種

ニホンという国で山田孝之という同姓同名の人型の俳優が生息している。が、一部の山田孝之が異なる環境へ移ったため、身体に変化が起きた亜種。一度も狩猟に成功した例はなく生態、弱点、生息地など一切不明。ニホンの山田孝之原種は、亜種との関連性を否定している。下記写真は奇跡的に、望遠カメラで撮影に成功したものである。鳴き声は巻き舌で" クゥルル ヤックィゥー "

 

 

ハンター発見時
f:id:marimoconnect:20180127184425j:image

 

 

スタミナが減ってきたとき
f:id:marimoconnect:20180127185059j:image

 

 

怒り状態
f:id:marimoconnect:20180127185130j:image

 

 

 

捕獲想定図
f:id:marimoconnect:20180127185156j:image

 

 


↓参考までに。ニホン大陸で制作された山田孝之:亜種 捕獲シミュレーション動画

“PS4”「山田、全力のモンハンワールドごっこ」篇 - YouTube

 

 


以上である。


ハンターの諸君は、 常に万が一を想定し戦いに臨んでほしい。

こちら(株)怪物世界捜査局は、新モンスターの出現・動向に常に意識を張り巡らせ、いち早くハンター諸君に本ブログで情報を伝達することに努める。

引き続き、当捜査局の続報を待たれよ。


by 怪物世界捜査局 主任代理より。