書くザトウクジラ

寄り道こそ、王道。

2月14日はラブレターを送る日にしよう

 

今週のお題「バレンタインデー」

f:id:marimoconnect:20180210171059j:plain


どうも私はこの2月14日という日が苦手である。それはチョコがもらえないから、という卑屈な理由では断じてない。そこだけはくれぐれも勘違いしないでほしい

この日が好きになれない理由。それは、一年でたった1日限りの記念日に「チョコレート」という、たかが商業商品1つにより独占されているからである。

ただ、おそらくチョコは一年の内で最も売上が多い日だと想定できる。読者の中に製菓会社の社員さんがいらっしゃれば「若造め、それはあんまりじゃないですか〜」と肩を落とされるかもしれない。だが私は何もチョコレート文化を撤廃しようと言っているわけではない。なのでまずは、これからする私の持論をご一考いただきたい

それは最終項にかけての展開となる。
まずは冒頭でバレンタインの歴史についてご覧いただこう


バレンタインがチョコと結びつくまで


尚、これからお伝えするバレンタインデーの起原とチョコ文化の由来についての説明は、すべて下記リンクから拝借したものである。


richlife100.com


バレンタインの起源

 時は昔のローマ帝国まで遡ります。当時の2月15日は豊作を祈る祭りの開始日で、女性が名前を書いた紙をおけに入れて、それをひいた男性と恋人になるという風習がありました。
 ところがローマ帝国は、想う家族がいることは兵士の戦う気力を下げると考え結婚を禁止してしまったのです。その状況下でバレンタイン司教がこっそりと一組の男女を結婚させてあげたところ、これが発覚して皇帝の怒りを買い、祭りの前日である2月14日に処刑されてしまいました。
 これを偲んで「愛の日」としてキリスト教の祝日であるバレンタインデーとなり、欧米では、この日に親しい人や大切な家族などに花やお菓子、カードを贈る習慣が生まれました。

日本のチョコ文化は誰が始めたのか

 日本にバレンタインデーが伝わったのは20世紀です。1932年に製菓会社がバレンタインチョコレートを日本で初めて発売したのですが、当時のチョコレートはかなり高額だったため、一般には広まりませんでした。
 その後、1958年から主に下記各社がチョコレート販売戦略を掲げて試みた結果、徐々に流行し始めて1970年代後半に定着していきました。

・チョコレートメーカー
モロゾフ製菓、メリーチョコレートカンパニー、森永製菓

・デパート業界
伊勢丹、松坂屋、西武百貨店

・ソニープラザ

これらの会社は、自社こそがバレンタインの起源だと主張しているようですが、同時期に競っていたこともあり、どれが起源とされるかは定かではありません。

チョコを普及させたのは当時の”若者”だった

 バレンタインデーの本当の起源は「愛の日」であり、ターゲットが夫婦限定だったことによるようです。
 当時は貞操観念が厳しく、未婚、未成年はターゲットとされていませんでした。
それが定着したのは、時代とともに日本人の若者の考え方が、「未成年もOK」「恋人未満でも親愛の情を込めて男性に贈る」という方向にシフトしたことが要因として考えられます。


チョコになくてレターにあるもの

 ここより本記事タイトルの真意について言及してきたいと思う。
 チョコは義理と銘打つだけで、本命 or 遊び問わず誰にでも気軽に渡せられる。
 一方手紙の場合は、そうポンポンと渡せられない。手書きかつさらに手渡しとなると、その人のことを真剣に想っていないとふつう実行できない。
 もしラブレター文化が実現すれば、世の女性方は本命男子に対してのみ、手紙を書こうとするだろう。義理男くん♂に渡す手紙など無いからだ。バレンタインにおける義理という概念は、本当の意味で終焉を迎えるだろう。
 世の男性諸君の中には100%チョコをもらえないと分かっているのに、心の何処かではそわそわしてしまうものだ。2.14の魔力。それは我が身をもって証明する。この「無駄なそわそわ」「愛情のいたぶり」がラブレター文化においては救済されるというわけだ。
 学校でも、職場でも、自分と本気でつきあいたいと思っている女の子のことくらい、流石に男も勘でわかるのです。だから、ラブレター来そう / 来なさそうということがあらかじめ予測でき、2月14日がどのような結果になろうと傷つくことはない。これがラブレター文化の想定され得る功績である。


文具メーカーさん、さぁ反撃だ。

私の提唱するこの新文化。何も大和男子だけが救われるというわけではない。
日本の文具メーカーに一言いいたいことがある(以下、敬語)



❝ 異業種といえど、このまま製菓会社に覇権を取られ続けて、いいのですか?
何故、みなさんはもっと愛の日にちなんだ
限定ラブレターとかを発案されないのですか。
いいじゃないですか、最初くらい失敗しても。

チョコレート文化も普及までに様々な紆余曲折があり、時間がかかったわけです。
したがって「本当の想いを伝えたい乙女層」へ向けてマジカルでラブリーな便箋の開発・販売を是非お願いします。
新文化、創造しましょう。

さ〜、反撃と、いきましょうか。❞




(男心)名目のもと、チョコで女の子と交流を図ることが認知/正当化されているホワイトデー文化だけは残すべき。