書くザトウクジラ

寄り道こそ、王道。

【銀メダル速報】スノーボード平野歩夢(19)がやってくれました!!!!

 

冬季オリンピック2大会連続の銀メダル!

日本の19歳の若きエース平野歩夢選手がやってくれました!私も生放送でそのクールな演技を観戦しておりました。

 

f:id:marimoconnect:20180214124541p:plain

  

 

宿敵ホワイトも悲願の金メダル

 

f:id:marimoconnect:20180214124601p:plain

しかしやはり王者ショーン・ホワイト(31)は強かった。3大会連続の金メダル。62針の大怪我を乗り越えおつかれさん。(以下リンク参照)

✱実際の流血画像となります。ご注意を。

 

CABダブル1440で顔に62針縫う重傷を負ったショーン・ホワイト復活ストーリー | BACKSIDE (バックサイド) | スノーボード・ウェブマガジン

 

本日の演技終了後、メダル上位3名が決定したとき、真っ先に平野歩夢選手にハグしに行ったことが印象的だった。いいやつだ(私より年上)

 

 

スノーボード競技の歴史

 98年長野オリンピックで正式種目認定されたスノーボード。20年前の当時と現在とでは採点基準も変わった。前回記事でご紹介した、人類史上初めて達成した平野の4回転など。

 

www.kakukujira.com

  技の難度は限界に近づいている。今後は技の構成や独創性で勝負をかけてくる選手が増えるとの見方だ。今の採点基準は難度、高さ、独創性、多様性等さまざまなのだ。

 

私、今日から平野歩夢ファン始めます。

f:id:marimoconnect:20180214124646p:plain

 宿敵のショーン・ホワイトは今大会で、史上初めて冬季オリンピック3回連続金メダルを獲得した。次回の2020東京オリンピックではスケートボードで世界一を狙っているようだ。

 平野歩夢は前回の2014ソチオリンピックにおいて、15歳と74日で史上最年少銀メダルを獲得した。今回も変わらず「銀メダル」かと笑う人は笑えばいい。しかし、ショーンホワイト2世と呼ばれる中でのプレッシャー、メダル確実と言われたプレッシャー、日の丸を背負っているプレッシャー。その荒波の中での世界2位という称号達成。

 まだまだ19歳の平野。現在は日本大学で視野を広げるために勉強中だ。次挑戦するときは23歳。今日の結果を悔しがれ、平野よ。そしてそれをバネにして、4年後は燃え盛る若き情熱で世界中の雪を溶かしてくれ。

おじさんきたいしているよ