書くザトウクジラ

寄り道こそ、王道。

スマホ触るなら「まばたき」意識して

 

 

私事で大変恐縮なのですが、最近あれやこれや(以下2記事)と画面に睨みを利かせるような作業ばかりしていたもので、とうとう我がお目々を心配するようになった所存でございます...

  

 戦犯1号

 

戦犯2号

 

✱本記事は、冒頭リンクの眼科医による情報をもとに作成しております。

 

特に画面にへばりついてらっしゃるブロガーさんなら、誰しも気になるところではないでしょうか。かくいう私も隠れ眼精疲労とか心配なのです。

 

 

先生、なんで画面に近づけたらダメなのですか?

◆近過ぎて疲れる

 スマホを使い続けると目が疲れる理由について、石岡院長は「基本的にはパソコン使用時のトラブルと同じ」と語る。すなわち、画面に目のピントを合わせ続けること▽まばたきの減少▽ブルーライトの3つだ。

 スマホとパソコンとで異なるのが「距離」。パソコンの場合、通常45センチ程度の間隔をあけて操作する。しかし、スマホの場合、手に持って操作するため、これより距離を近づけて使う人がほとんどだ。近い場合では15センチ程度で使用している人もいる。

 目の周囲の筋肉は、遠くを見ているときが一番休まる。ところが、スマホは近くで画面を見ることになり、ピントが近過ぎて目の筋肉が疲れてしまう。石岡院長は40センチは離した方がいい」

 寝転んで目の前にスマホを持ち上げたり、首を下にガクンと下げて使うなどの「姿勢の悪さ」も、画面に目を近づけ過ぎる原因になるので気をつける。

 

f:id:marimoconnect:20180218144646p:plain

【利用者の声 (私)】

 先生に教えてもらってから、スマホから目を離してみると、確かにそれだけですぐ「楽さ」を実感できました。

 あと画面の光度に関して、あんまり意識したことないという方もいらっしゃるのでは?デフォルトの自動調整に頼られていたりするのではないでしょうか。私は昔から基本的に手動で、必要最小限の画面の暗さで操作しているのですが、目へのダメージ減りますよ。

 あとは、まばたきでドライアイを撲滅したら無敵艦隊の一丁あがり。

 

 

先生、寝る前もスマホダメなんですよね?

◆寝る前もNG!!

 寝る前にスマホを使用するのも「お勧めできない」と言う。

 「ブルーライトのような強い光は本来、日中に浴びるもの。夜に浴びてしまうと体内時計のコントロールができなくなり、睡眠に影響が出る恐れがあります」。暗い場所でのスマホ使用も目に負担がかかるといい、石岡院長は「仕事が終わったからといって、ベッドの中でスマホを使っていたのでは目の疲れは取れない。寝る1、2時間前はスマホを使わない方がいい」と話している。

 

f:id:marimoconnect:20180218144312p:plain

 【利用者の声 (僕)】

先生に教えてもらってすぐ試しました。ごめんなさい。嘘つきました。何もしてません。だって僕、眠る前にスマホ見ないなんて無理なんです。最新のアクセス解析を見てから床につくのはブロガーの性なんです。

どうしてもスマホを断たないといけませんか?