書くザトウクジラ

寄り道こそ、王道。

5秒でできる対策―LINEの個人情報吸い取られを防げ!の巻―

 

 

 

前回記事みたく懲りずにLINE便利技をご紹介します。さぁさ「今回もLINE設定いじってたらたまたま出来ちまったシリーズ」の第二章開幕です。

 

 ✱本記事は、下記リンクからの情報をもとに作成しております。

 

 

 

2018.1.15 アプデの内容

  • 2018年1月15日のLINEのアップデートで、個人情報が収集されるようになる
  • 友だちや公式アカウントとのトーク情報やURLのアクセス情報などが収集
  • 起動時は強制的に同意する必要がありますが、設定で「同意しない」を選択できる

となっております。さらっとした口調でかなり重要なこと、おっしゃってます。もぉほんまデフォ個人情報収集やめちくりーて感じです。そんな天下のLINEさんの殿様設定の変更方法は、最終項で私のスマホでご説明します。

 

 

どういう情報が吸い取られるの?

友だちとのテキスト(やり取りしている文章)や画像・動画などは含まない。実際には、トークの相手や日時、既読時間、データ形式、取り消し機能、URLへのアクセス利用情報などが収集される。

 

公式アカウントとのやり取りの場合には、全ての情報が含まれる。
そこまで重要な個人情報が含まれないとはいえ、LINE以外の関連会社や業務委託先にも共有される場合がある。

 

1月15日から今日までの約1ヶ月間、知らず知らずのうちに色々な情報が吸い取られていたことにビックリです。しかし、できることなら吸い取られたくないものです。お金もらえるなら別ですけど!それでは対策を次の項でお伝えします。

 

 

5秒もかからない設定手順

 ①まずはこの歯車マークをタップ

f:id:marimoconnect:20180218110449p:plain

 

②プライバシー管理

f:id:marimoconnect:20180218110547p:plain

 

 

③情報の提供

f:id:marimoconnect:20180218110632p:plain

 

④デフォルトでチェック☑となっているので、外しましょう。

f:id:marimoconnect:20180218110658p:plain

 

 先生!オペの方完了しました。これで知らず知らずのうちに吸い取られる情報がなくなりました。もし戻したくなっても、また☑したら良いだけなので簡単。

 油断ならないのはLINE以外のアプリでも、こういうデフォルト情報収集設定あるかもしれませんね。無料で使わせていただくアプリによって、私達の生活が成立していることも事実です。タダより高いものは無いとは、よう言うたもんです。