書くザトウクジラ

寄り道こそ、王道。

定食屋にいたホームレスに打ち負かされた話

 

事件発生時刻︰2018年2月20日 19時30分頃

近所の定食屋でカツ丼を食べたくなった私は、気づいたら定食屋のカウンター席で注文をしていた。ここはカツが有名で値段も安いことから、学生をはじめ、仕事終わりの会社員もよく足を運ぶ。地元の人気店だ。

 

私「すいませーん。カツ丼を。大盛りで」

店員「はい!オーダー入りました、カツ丼大盛ひとつ!」

厨房「はいよっ!カツ丼大、一丁!」

 

ー約20分後ー

f:id:marimoconnect:20180221182654j:plain

カツの着丼。

 

私は箸を勢いよくパキッと割り、半生の卵と、しなったネギ、醤油ベースの豚カツを一気に頬張る。今日のカツの衣は悪くない。サクサクより歯ごたえがある。ザクザクしていた。合格点だった。

 

と、先程から私の目の前を3回は横切ったであろう灰白い腕の存在を思い出した。そういえば鼻につく匂いもしていた。さっきからこの人は、ずっと。お茶を汲んでいるのか...?それにしてもだいぶ飲むな、この人。

 

熱々のカツ丼を食べ終わり幸福感に満たされていた私。ある一つの疑問が頭をかすめる。

 

❝ この人、もしやホームレスか? ❞

 

f:id:marimoconnect:20180221175729p:plain

風貌で大体わかってしまう。一気に日本経済の縮図を見させられた気になり、現実に突き落とされた。天にも昇る腹心地だったのに。

 

❝しかししかしわからないぞ。❞

 

そもそもこの人がホームレスかどうかなんて確証が無いじゃないか。決めつけはよくない。思わぬ偏見が思わぬ被害者を生むこともある。いや本当のことを言うと、ホームレスが何者たるかも今ひとつ理解できてないな...

 

真剣になやんだ。それでも答えが出てこない

しょうがないから私はググった。

現在、日本で法的(2002年ホームレスの自立の支援等に関する特別措置法より)に定められているホームレスの定義は、「都市公園、河川、道路、駅舎その他の施設を故なく起居の場所とし、日常生活を営んでいる者」

これだけかよ。定義の情報が少なすぎて余計わからん。じゃあ定食屋で座っていただけだから、ホームレスとは判断できないな... 

 

しかし時間が経つにつれ、私による観察が進行していくたびに、やはりどう見ても、隣りのその男性は私の連想するホームレスの定義と完全に一致していた。

 

・年齢は50〜60代

・ぼさぼさ頭をすっぽり覆うフード(食事中なのに一回も取らない)

・鼻をつく匂い

・全身灰白いジャンパー

・お茶を何杯もお代わりする

・食べ終わってしばらく経っているのにその場を動こうとしない。

 

f:id:marimoconnect:20180221175833p:plain

 

外見的理由に加え、挙動面においてもこれほどの理由がある。名探偵の私にはあなたをホームレスと定義できる材料が。

これが本当のホームズvsホームレス。くだらない事を言っている場合ではない。これはお互いのプライド、人生観をかけた推理戦なのだ。

しかしこれほど強力な理由付けも、跳ね返してしまうのではないか?というどんでん返しが待っていた。それは、その男性がやっと重い腰を下ろし、レジへと向かうときであった。

 

店員「お会計650円になります」

ホームレス疑惑の男性「じゃあ1000円で」

店員「はい、じゃあ350円のお返しです」

店員「ありがとうございました〜」

 

店員は20代で私と歳もあまり変わらない。

私と同じことを考えていたのか、最後の「ありがとうございます」がやや早口でキレ気味だった。

 

次の瞬間だ。すべてをくつがえす嘘みたいなことが起きた。

ホームレス疑惑の男「あ、領収書もください」

 

さっきまでの威勢が嘘みたいに、つぶやくように若者はこう言った。

店員「え、あ、はい領収書ですね」

 

ー 兄ちゃん、もう動揺が声に出とるがな。ー

 

その時、疑惑の男性の素顔は見られなかったが、間違いなく誇らしげな顔をしていたことだろう。

と同時に、私の脳は目の前の情報を整理するのに必死であった。疑問が沸々と炭酸ソーダのように沸いていたのだった。

「なぜ?領収書がいるのか?」

「会社に請求するのか?」

「いや、そもそも会社員なのか?」

 

店員と私「家あるのなら、ホームレスじゃないやんけ」

我々は即座に負けを認めるしかなかった。対ホームレスゆとり世代同盟はもろくも崩れ去った

それは後ろめたさにも似た、人間の道徳心にもとづく恥じらいのような感情だった。

ぎこちない店員の敬語がキレイになった瞬間だった。

 

ホームレスの疑いが晴れた(?)その男性は、勝利を確信できたせいか私に間接的な仕返しをしてきた。

それは会計時の出来事。

 

伝票をもっていく私「ごちそうさまです」

店員「お会計が590円です」

私「じゃあ5000円で」

店員「はい、それでは4410円のお返しです」

「ありがとうございました!またお越しくださいませ」

 

お釣りを受け取った私「なんや、この千円札」

それは完全に、西部劇のガンマンのポケットにねじ込まれた類のものだった。

 

1000円札は点々と油が染みて、くしゃくしゃの跡があった。野口英世が泣いているようだった。それを入れた私の財布も悲しんでいた。

 

〈イメージ図〉

f:id:marimoconnect:20180221180444p:plain

絶対さっきのおじさんのやつやん、これ。

 

ホームレスの心の声「やはり、領収書作戦は使えるわい」

 

私はこの日、ホームレスにも見栄があるということを身をもって体感した。