書くザトウクジラ

寄り道こそ、王道。

糸井重里が石田ゆり子へ向けた最新キャッチコピーがきれっきれな件

 

絶賛話題中の石田ゆり子さんのフォト&エッセイ集。

私はその商品よりも、帯の言葉のほうが気になった。

もちろん、アンチ石田ゆり子さんというわけではないが。

 

Lily ――日々のカケラ――

Lily ――日々のカケラ――

 

 

帯にはコピーライター糸井重里さんの言葉でこう書かれている。

 

❝ こんなに素直にたくさん書いてくれたけど、ゆり子さんのよさを、いちばん知ってないのは、ゆり子さんだという気もするのだ。❞

 

ゆり子さんのインスタグラムを見ていると、下記のような発言も見つかった。今回のエッセイ集への糸井重里による寄稿によって、二人の良好な関係性がよくわかる。

石田ゆり子さんはInstagramを利用しています:「わたしの尊敬する糸井重里さんの 大切なことばを 朗読させていただきました。 ほぼ日刊イトイ新聞で ぜひ。」

 

なかなか最近は、帯で見せる単行本もすくなくなってきたように思っていた。本の販売自体がまだまだ多くあるということは喜ぶべきことだ。しかし、ガツンとくるキャッチコピーを作るといえば、やはり、この人しかいなかった。

 

書店でひとめぼれした。一瞬だった。電撃が走った。いわゆる恋だった。こんなふうにダサくなるくらい、感化されちまった。

 

書店にて流し目でみるのと、こうやって、ブログに自分で打ち込むのとでは大違いだ。一言一句まるっと、糸井重里の文を記す。

 

もはや、この人の脳内からあふれた言葉は「書く」というより「刻む」のほうが適切なのかもしれない。

 

形式的なことを言うと、

句読点の位置、ゆり子さんと2回言う、知ってないではなく「知ってない」 

すべてに意味があるのだろう。

 

適所な句読点は、ゆっくり読ませて、心にすーっと沁み込むように。

2回のゆり子さんは、糸井重里自身の親愛のきもちをこめて。

「知ってない」の表記の方が、より口語調であり、やわらかく親しみがある。

 

 

内容のほうは言わずもがな、である。

心にじんわり訴えかける様子に、読み手のこちら側は、思わず言葉少なになってしまう。

石田ゆり子さんはきれい!かわいい!若く見える!という類のことを言っていないのは間違いない。あくまで、このキャッチコピーは本人の内面的な良さを、言っている。

 

それに気づいていない、本人。

つまり特別に意識せずとも、周囲を晴れやかにする素質のようなものをもっている。結果的にそれが、女優「石田ゆり子」を特別な存在せしめているのだろう。

 

 

おじさんのコピーライターは独特の哀愁ただよう。

村上春樹も、東野圭吾もすごい。多くの文字と物語で人々を魅了する。

 

対して、糸井重里がもっているものは一風かわっている。文字と句読点だけだ。

驚くべきことに、その人はたった数十文字で私たちを、空想世界に連れて行ってくれるのだ。それも永久に。

それは何度も人々の胸中で反芻されながら、落とし込まれ、体や脳で生き続ける。

全文記憶され、心に残り続ける物語を書くのが、コピーライター糸井重里なのだと思う。