書くザトウクジラ

寄り道こそ、王道。

素人だけど南北首脳会談は破談してほしい

 

政治に興味がなく、政治情報だけ完全に他のニュースから抜け落ちている、そんな私でも感じた矛盾がいくつも散見されたので、報告する。

 

 

南北会談の概要

本日3月7日の読売新聞朝刊から引用。

❝ 南北首脳4月末会談 北、非核化に言及 米と対話用意 ❞ 

韓国大統領は6日、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長と平壌(ピョンチャン)で行った会談を通じ、4月末に板門店の韓国側の施設「平和の家」で南北首脳会談を開催することで合意したと発表した。文在寅(ムンジェイン) 大統領の特使として北朝鮮を訪問し、6日に帰国した鄭義溶(チョンウィヨン)国家保安室長が記者会見して明かした。

初めて聞く場所だけど、わざわざ「平和の家」を南北首脳会談の開催地にしたことで、いかにムンジェイン大統領が、未来の南北統一に一切の疑いがないかということと、どうか会談がうまくいきますように、という必死度合いが伝わってくる。

 

 

鄭氏は、北朝鮮側が非核化問題の協議と米朝関係の正常化に向け、米国との対話の意思を表明したことや、対話の間、北朝鮮が核実験や弾道ミサイル発射などの挑発を再開しない意思を示したことなど、6項目の会談結果を明らかにした。鄭氏は北朝鮮との合意を文書で交わしたかどうかは明らかにしていない

ミサイル打たない意思を示した、では全然ダメではないか。

しかも、まさか、口約束なんて言わないよな?

 

 

北朝鮮側は、「朝鮮半島の非核化の意思」を明らかにするとともに「北に対する軍事的脅威が解消され、北の体制の安全が保証されるのであれば」との条件付きで、「核を保有する理由がないという点を明白にした」という。

  一見、問題なさそうな北朝鮮の発言。周知の事実ではあるが、北朝鮮は本当にしたたかで巧妙。一丁前にトップの頭脳だけは国家級だな。

「北の軍事的脅威が解消され、

北の安全が保障されるのであれば」

 まず、世界各国が北朝鮮へ一切攻撃をしない、そうなった段階で北朝鮮が仕掛けてくると予想する。武力ももたず、攻撃をしなくなった世界各国の中、北朝鮮だけが武力を保持するとなれば、もはや戦争は起きない。言葉は悪いがより過酷な、虐殺が行われ、北の一国独裁になることが予想される。

 上記文言の、北朝鮮への「軍事的脅威の解消と安全保障」は条件として絶対に先に飲むべきではない。各国と北朝鮮の立場が完全に逆転していることがお分かりだろうか。北朝鮮の方から出していいカードなど無い!!

 

正恩政権が条件付きとはいえ、非核化について踏み込んだ言及をしたことで、米朝対話が実現する可能性が出てきた。トランプ米大統領は米国時間の6日朝、ツイッターで「北朝鮮との対話で進展が起きるかもしれない」と述べ、今後の米朝対話に期待感を示した。

トランプ大統領は歴史的瞬間に立ち会え、協力体制を敷くことで歴史に名を刻める。支持率の上昇は言うまでもない。権力者の欲に負けて、何も見えなくなっているのではないか? 

 

素人だけどこれだけは言いたい

f:id:marimoconnect:20180307123329p:plain

「歴史に名を刻みたい欲がどんな権力者にも表れる」

 これは、ある日のTV番組の政治アナリストの言葉を私が要約したものだ。歴史上、南北分断されたのが1948年と言われているから、もし仮に今年実現されれば、実に70年ぶりの南北統一となり、永久に韓国大統領ムンジェインの名が歴史に刻まれることは間違いない。

 五輪の時点で、韓国が北朝鮮に2億超の支援を決めてから雲行きが怪しいとは思っていたが。(✱以下リンク参照)

韓国 北朝鮮の平昌五輪参加を受け約2億8000万円の支援を決定 - ライブドアニュース

 

もろにタブーを破り、オリンピックを平気で政治利用してくる北朝鮮という国家。

 意外なのはトランプの態度。いつまで浮かれてオリンピックフィーバーの余韻に浸っているのだと言いたい。逆にいえば、ここまで北朝鮮側も想定し、オリンピック開催時期を狙って動き出したとなると、ますます北朝鮮の手の平転がしとなってしまう。

 「意思を示す」とか、書面上で約束していない?とかされてる時点で、北朝鮮の思惑、行動の確率度合いがみてとれる。北朝鮮のミサイルを忘れたのか?予告なしで何発も打ってきたではないか。それもアメリカ方面へむけて。

 逆に言えば、大きく動いた今回が、北朝鮮を本当の意味で見極めるラストチャンスといえるだろう。韓国含め、全世界が4月末に予定されている南北首脳会談で、北朝鮮を見限ってほしいと強く願うばかりだ。