書くザトウクジラ

寄り道こそ、王道。

ブログに欲しいものリスト貼ってる人が許せない※

 

f:id:marimoconnect:20180308113451p:plain

たまにいらっしゃると思います。

最後のほうに、申し訳な〜く、ひょっこり顔を出してる、○○リストなるもの。

いやいや、見えてるからそれ!

 

まぁ、見せてるんでしょうけど。

アフィリエイトでも、アドセンスでもない。

その魅惑の生計法に迫ります。

 

注)迫るだけです。

 

  

事の発端

f:id:marimoconnect:20180308113611p:plain

 なにやらアマゾンには、匿名で欲しいものリストを公開する機能があるようですね。私もこの存在を知ったの、数ヶ月前です。

 たまにTwitterのタイムラインで流れてきた人のプロフィールを見てみると、実際ほしいものリストを載せてる人とかいます。フォロワー5万とか10万クラスの、コスプレイヤーとか猫娘みたいな人です。

 欲しいものリスト経由で貢いであげるファン層の底が知れます。それで満足なのかと!(注 今日は辛口でいきますょ!ズバリ言うわよ!)

 

AKBのCDといっしょ

f:id:marimoconnect:20180308113752p:plain

 言ってみれば、某アイドルグループのCDや写真集とかを買うと、それが握手券(しかも抽選券)や投票券になるというもの。たかが個人の購買範囲の一票など知れている。それが直接アイドルを喜ばせることにならないし、喜んだことを知る「術」すらない。わたしたちは一般人だから。

 何を求めてファンは、身銭を切ってそこまでするのか理解できない。素人の僕なんだけど一応かんがえてみた

 

①「抽選で」アイドルに会える!→人ひとり分の一生があれば、会えるんではないでしょうか。会うのは「一瞬」ですけどね。

 

②アイドルの喜ぶ顔を想像してウキウキ!→変態の素質がありますが、問題ないとおもいます(適当)

 

③自・己・満・足!→あぁこれだわ。こんなことを思い出しました。ボランティアで学校周辺の清掃活動が学生の頃よくありました。ゴミを拾うときは、「汚ないし汚れるしなんで朝から汚れなあかんねん」と思ってました。

しかし、活動終了後にきれいになった場所をみて感動したのと同時に、次に向けられた感情が「僕がこの地域をここまでキレイにした!」という、今度は己に対して向けられた優越感だったのです。

 

きれいにされた場所

きれいにした自分

 

 客体と主体です。両方に変化があったことは間違いなく、その両方に人の感情が沸いてくる、というのはある意味正しい当然の現象なのでしょうね。

 アイドルにお話を戻します。さきほどの話に置き換えると、貢がれるアイドルが客体、貢ぐオタクが主体となります。

 客体に対して、主体ができるのは身銭を切り「思いを馳せる」のみです。反対に主体に対して、客体ができるのは「健康状態を保ちながら、現役を少しでも長く続けること」なのです。所詮。

 

論破失敗の巻

f:id:marimoconnect:20180308114235p:plain

 

ってあれ?論破しようと思ったけど「見返りを求めない素晴らしきファン」っていう構図になってきそうだぞ?いやそういう結論だこれ!!

 

自己満足でもいいじゃない。

信頼関係だけで結ばれる関係、いいじゃない。

すてきやん☆

信じる、信じられるのみの関係性こそ、究極の「人間関係」じゃないか。

顔も名前も住所もお互い知らないのに。

「心」だけでつながってるなんてほとんど奇跡やん。

すきやきやん☆

(声:北大路欣也)

 

最後に

f:id:marimoconnect:20180308114349p:plain

僕も猫娘みたいに生まれてたら、欲しいものリストだけで、どれほど生計を立ててこれただろうか。

結局それは、専業主婦が気晴らしに買った宝くじで1億円当てるようなもので、人生を狂わされるような気がしない.. でもない。

 

はい。わかりましたよ。

主体(貢ぐ人)

客体(貢がれる人)

第三者の私(やきもき)

 

僕は欲しいものリストで送ってもらえる人に、全力でただただ嫉妬していたのですね...

はいはい。

 

はぁ〜

猫娘。。。