書くザトウクジラ

寄り道こそ、王道。

ゴディバをあげるのは一生に一度でいいと思う。

 

今週のお題「ホワイトデー」

 

私が、ある一人の女の子に送る、と(妄想)する。

 

 

ゴディバがナンバー・ワンという風潮

f:id:marimoconnect:20180313092517p:plain

 私が学生の頃なんかは、「ゴディバをもらった」なんて聞くとヒェ~と血の気が引くほどであった。しかし今では、カジュアルにCMや新聞広告も展開されており、ゴディバ社の攻めの姿勢が見られる。

 もっと雲の上の存在だったが、今では貰っても「ちょっと喜ぶ」くらいの存在に成り下がったような気がする。

 さらに言えば、ゴディバが一般化しすぎて、もらった女の子からすれば逆に「手抜き」と思われるのではないかという疑念も生じている。男からすればゴディバをもらった女子は、100%喜ぶと過信しているからだ。 

 

男「心の声(あの子にはこれ渡して黙らせておこう)」

女「ゴディバで私が大喜びするとでも思った?ザンネン!」

 

そこで私が編み出した(妄想した)のが、あえての手作りがいいかなぁと思う。

明治でも森永でもガーナでもなんでもいい。

板チョコを溶かして、隠し味もたんまり入れて。オリジナリティの全部盛りでいこう。抹茶パウダー、カットマンゴー、ハッピーターン。彼女を精一杯楽しませよう!

 

しかしここまでして尚、こう思われてしまうかもしれない。

 

女の子「手作りでがんばったアピール?ゴクロウサン!(つん)」

 

冷たい女のコの妄想ばかりは疲れるし、傷つくよ...

僕の妄想に出てくる女のコは往々にして、高嶺の花子さんなのだ...

 

 

一組の熟年夫婦をモデルに考察する

f:id:marimoconnect:20180313092452p:plain

お互いに年齢を重ねるごとに、男性から女性へゴディバをあげるというシチュエーションで見ていく。リアクションにどのような変化があるのか考察する。

個人的に中学生カップルなど認めていないので、あくまでハイスクールから攻める。

 

熟年夫婦→高校時代

男「これ、ホワイトデーのお返しです」

(金の包みのゴディバを手渡しで)

女「えーーー!高かったでしょう!これ!」

男「まぁね、照れ」

女「ありがとう!!」

 

ー翌朝、学校でー

さらに再度お礼を言ってもらえる

女「○○くん、昨日もらったチョコおいしかったよ!高いチョコってやっぱり味も美味しいんだね!♡」

男「それは、よかった ^ ^」 

 

熟年夫婦→大学時代

男「これ、ホワイトデーのお返しだぜ」

(金の包みのゴディバを手渡しで)

女「わ、ゴディバやん」

男「そうやで ^ ^」

 

女「ふだん友達からもらうことあるし、本当に食べたいときは自分で買ってるんだよね...」

男「え?でもゴディバだよ??」

 

女「ゴディバ渡せば、何でもいいと思ってる?」

男「いや、そういうことじゃないんだけど汗」

 

(謎のナレーション)この男性にとって、この年のホワイトデーは決して甘くない思い出となった。

  

熟年夫婦→熟年時代(つまり現在)

おじ「これ、ホワイトデーのお返しだ」 

(金の包みのゴディバを手渡しで)

 

おば「あらまっ。これゴディバですか?」

おじ「せやで ^ ^」

 

おば「ちょっとあんたァ!!」

おじ「え?は、ははい?汗」

 

おば「子どもの分わーーーっ!」

おじ「いや、お前の分だけだけど(苦笑)」

 

おば「子どもがズルいお母さんだけとか言ってきたら、どうすんのよ!!! それなら安いチョコでもいいから家族全員分買ってくるか、チョコなんてハナっから要らないわよ!!」

 

おじ「そ、そんな....」

おば「それに、いつまでホワイトデーなんて引きずってるのよ!あんた、もうそんな若くないのよ? みっともないと思わないの?」

 

おじ「いや、若さ関係ないと思いますけど...(敬語&小声)」 

 

最後に

f:id:marimoconnect:20180313125605p:plain

以上のようなことが容易に想像できちゃうわけですね。

つまり私が何を言いたいかというと、

高校時代に送るゴディバに勝るインパクトは、人生において他にないということです。

 

年齢を重ねるごとに、青春の記憶が薄れるごとに、その分、大人としてやらなければならないこと=大人の事情が増えていきますから。

 

青春まっさかり+ゴディバは大人の特権という憧れ+少ないお小遣いで買うゴディバの希少性+いいもの食べたという優越感

 

こういった条件すべて揃う高校時代が、ベストタイミングだということです。

 

それでは、改めてタイトルを復唱しますね。

ゴディバは一生に一度でいいのです。むしろ十分なのです。

 

くれぐれも「金の包み」は用法用量を守って、正しい使用法でお使いくださいませ。