書くザトウクジラ

寄り道こそ、王道。

実は日本の人口は1万人しかいない事実

 

グーテンターク!(日本語でおはよう)

今日は4月1日である。

 日本国民の総数は1億3000万人以上と言われて久しい世の中だが、どうもその想定数と実際数に差異があるということが判明した。

 実際の日本国民の数とは10,000人だという報告があがっている。今まで常識とされてきた1億3000万人より、実に1億2999万人少ないということになる。 

 

 

序論

f:id:marimoconnect:20180401172938p:plain

 さすがに仏の私も、上記報告には怒った。全国の仏様が泣いているからである。しかし冷静になって考えてみると、1万人と言われれば、それに反抗する余地(それを反証できる証拠)を私が提示できないではあるまいか?これには相当困った。

 一日中外出していても、視界に入る人間の総数といってもざっと200〜300くらいのものだからである。こうなると、むしろ、全国にいると言われる10000人でさえも嘘くさく思えてきた。

 

一つの県に200人の人口として、

200✕47都道府県=9,400(全国民の総数)

改めて計算してもこの事実は真実味を帯びてくる。困ったものだ。

 

 となれば、これまでの人生における私の苦労・憂鬱はなんだったのか?と誠に興醒めである。こうなれば統計学以前の問題である。数字にまつわるただの巧妙な嘘八百としか言いようがない。次のように、日本の人口が10000人という事実を納得させるに足る要因を考える。 

 

人口10000人を暴く 

視聴率20%で優秀視聴率という嘘

もし日本の人口が1万人なら、たった2000人しかその番組を見ていない計算になる。大したことないではない、ということがすぐ分かる。その割には、日本の名だたる一流企業によるCMが多すぎではないか?なぜなら、多くてもたった2000人しか視聴者が存在しないからである。

効果が薄いのだからいっそ、CMなど無くしてピーと音だけにしてしまえばいいのに。

f:id:marimoconnect:20180401174348j:plain

 

一万円札までしかない理由

 f:id:marimoconnect:20180401173135p:plain

人口1万人といっているので、10000という数字を超えることは、日本人のキャパシティオーバーとなってしまう。現実味もあって、把握しやすい数字の範疇ということである。

 

Twitterでみんな似たようなことしか言ってない

相撲協会、安倍昭恵、断捨離、スタバなう、桜がきれい

 

 大体、発言内容が以上5点に絞られる。実際はTwitterという名称のアプリなるものは、いくつもアカウントを作成可能である、という報告もあがっている。

 上記のような内容の乏しさであると、ますます日本の人口が1万人と改めて、語気を強めて言い寄られると信じてしまう。

 信じてしまうどころか、揺るぎのない事実であろう。またしても私は、燦然と輝く三つの根拠に、対抗できる余地がなくて困ってしまった。

f:id:marimoconnect:20180401173313p:plain

唯一、一つだけ私が首をかしげるのは、ツイッターの利用者が4500万人を超えているという、にわかに信じがたい報告である。 

ツイッター:国内利用者4500万人に - 毎日新聞

 

いやいや、そんなはずはあるまい。

せめて新聞社くらいは、我々に真実を伝えてほしいものだ。

 

2018年4月1日