書くザトウクジラ

寄り道こそ、王道。

人生初千円カットいったら人生変わ

 

 

タイトルを「変わ」で止めてるのは、あえてです。千円初心者の心境のリアルな変化の経過を、段階的にご説明するためです。どうぞ、目次にもご注目を。

 

さて、みなさんには、お気に入りの床屋もしくは美容院は有りますでしょうか?私の知り合いですと、毎回同じところで切ってもらうという人や、初回入店割引で安く切るために毎回変えてる人もいれば、マチマチです。 

そして皆さんの中には、「いつか私も格安カットを...」という静かな闘志を燃やしておられる方、いるのではないでしょうか。

誰でも定期費用は抑えたいものです。その代表例として、私は人生で初めて千円カッティングなるものを身をもって体験してきました。

その全貌や... いかに..

どうぞ、そのまま下へスクロール、ロール!

 

 

今回の髪型

f:id:marimoconnect:20180516162203j:plain

 最近のマイブームとしては、短めに切ってもらうことにハマってます。時にはバリカンで○mm単位に剃り剃りしてもらうことも。なんと言っても短く切ることのメリットは、ストレス発散!ぱっつんの髪を見ると、まるで心だけ赤ん坊になったような気分。どうもBabyでちゅ、ばぶ。なんつって。ばぶぅ〜。

 

 

りそう

 ショッピングモール内に設けられ、遠慮がちにたたずむワンフロアの店内。自動ドアをくぐると白色照明と清潔感により、おもてなし感を演出。平日の夕方ということもあり、先客は1人しかいなかった。女子高生だった。なかなか興味深い。(※一番人目を気にするはずの思春期盛りのユーザー層だとの偏見があったため)

 ワン先客なので、すぐ私に順番が回ってきた。回転イスに誘導され、前掛けとフェイスタオルをかけてもらう。首の圧迫感もなく苦しゅうない。よきかな

 

 

りつつある

 余談だが私は散髪にいくとき、毎回決まって店員に提示するイメージ画像がある。それをまず軽くジャブで見せて、店員さんの頭に練りこませるようにしている。

 横と後頭部、上と頭頂部、といった部位ごとに事細かにオーダーを開始していく。それらを全て一回で聞き取ってくるあたり、腕の方もなかなか期待ができそうだ。

「ブイーン」そのとき、小気味いいお馴染みの駆動音が私の耳に沁み入った.. 

 

 

 

った

f:id:marimoconnect:20180516162411p:plain

 イスに座ることはや20分。ここに一つの新たな作品が生まれた。「私の頭」という作品だ。髪もここまで芸術的に切りそろえられると、こうも人の手で変貌させられるのだろうか.. と、散髪の満足感より人の手への関心が先行してしまう。

 はて、20分前の「私」はどこへ行ったのだろう。文句など(髪だけに)毛頭ない。もはやこれが噂の1000円髪師、となると(髪だけに)神レベルと言わざるを得ない。

 

 私は今回のように、散髪が100パーセントうまくいっても顔には出さないようにしている。恥ずかしいからだ。こういう時ではいつも、なんともいえない平常すぎないザ平常心のような表情をしている。

 しかし今回ばかりは、私のポーカーフェイスがうまく貫かれていたのかという自信はまるでない。あくまで千円とは散髪のみの料金につき、シャンプーは無かった。その代り、強力な吸引ノズルできれいに首周り中心に吸い取ってもらった。

 帰り際にはなんとご丁寧にお手拭きまで貰えた。脂分のせいで、顔には意外と切った髪の毛が付着しやすい。そんな、いつも頭を抱えていた問題をも華麗に解決する、かゆ手サービスにさらに舌を巻く。

 

 

パリピ確定

f:id:marimoconnect:20180516162311j:plain

宣言する。今後私は、千円カットをパないほどリピートすることを固く誓った。

初めていった店がよかったのか、たまたまいい店員さんに巡り会えた私がラッキーなのか。安価かつ神対応で散髪できるなんて。まったく、どういうことであろう。

そりゃあ、みんなこっちに流れたくなるよね。と、ほぼ平仮名で表記が完結してしまうほど率直な所感しか無い。

カットだけだったので、帰宅後すぐシャンプーをした。もちろん鼻歌を歌いながらの、夕方直帰できたOLもうらやむバスタイムとなった。その事は言うまでもない