書くザトウクジラ

文字に、全振り。

上司が定年退職をした日に思うこと

本日11月末日をもって、直属の上司がめでたく定年退職を迎えた。勤続35年とのこと。私には到底想像もつかないような長きに渡り社会に貢献されてきたことは尊敬に値するし、周囲への希望にもなる。明日から私のとなりには後任の新しい上司が座る。だがやはり…

オシャレな店で放つ「うわっぱり砲」

昨日は洋服に散財した。ある有名なブランドコートを買った。僕は普段オシャレな店に行かない。だけれど、服を買いたいと強く思ったときはそれなりの店に足を運ぶ。少々値が張ろうがより長く使えるという点から見れば、結局コストパフォーマンスは高いからで…

紙ノートと手書きの良い関係

今朝、日記ノートに文字で何か書いていた。学生ぶりくらいに久々に書いた。そのノートを購入したのは2週間前のこと。かなり分厚目で少し¥お高めのノートだったので、書き出すのに躊躇していた。しかし今朝いざ書き出してみると、一心不乱に書いている自分が…

銭湯で中年を感じる瞬間

スーパー銭湯の五右衛門風呂でくつろいでいたとき、となりの五右衛門風呂にまだ小学生にも満たない小さな男の子が入ってきた。僕ら中年(読者もご存知の通り筆者は決して中年ではない、中年を感じるというのはそういう哀愁漂う表現方法の一種なのだ、むしろ…

何も考えないことの難しさについて

あなたの過ごす一日の中に、何も考えない時間はどのくらいあるだろうか?ちなみに私は皆無といっていい。自信をもって胸をはってそう言える。 きっかけは2日前。仕事中であったが比較的暇だったので、意図的に何も考えないように思考を巡らせてみた。だがそ…