書くザトウクジラ

寄り道こそ、王道。

自分のこと

コーヒー豆を挽くようになりました

7月に友人の結婚式があって、その引出物としてコーヒーミルをいただきました。カタログから選ぶタイプのやつです。 重い腰をあげてコーヒーミルを選択し、今月上旬に注文しました。前々から気になっていた製品ではありました。そして、もうそこから完全に彼…

身の回りに潜む「かもしれないグッズ」について

佐藤雅彦著 『毎月新聞』p160より 出張する日の朝、大抵の用意は前の日に済ませてあっても、出かける直前になって急に荷物が必ず増える。「3時間も電車に乗っているのだから、途中退屈になるかもしれない。新聞の他にこの間買った本も持っていこう。もしかし…

図書館で本をたらふく借りてきました

心に余裕があるときは、本屋さん。心と体力にも余裕があるときは、図書館。そんな線引き あると思います。 久々に立ち寄った町の図書館は、座席数が減らされ、新聞も立ち読み専用になっておりました。 そういえば、コロナ後初めての図書館でした。閉館時間も…

もうこんなものに頼りません

秋に引っ越すこともあり、不要な本をまとめて売ってきた。本というのは不思議だ。購入当初と購入後しばらく経った後ではまるで情熱が違うからである。それは特に話題本によく見られる傾向だ。 その場の勢いで買ってしまった本は安易に手放したくなる、そうい…

僕の朝日課

モーニングルーティーンというと仰々しいから、僕の場合、朝日課で十分だ。 目が覚めたときに、そのまま起床してしまう。 6時だろうが5時だろうが起ききるのだ。今朝なんか、外でポツポツ聞こえるから雨かと信じ跳ね起きた。洗濯物の全滅を覚悟したが、犯…

流される毎日。

暇さえあればユーチューブ、気休め程度の安っぽい読書、他人の詮索ツイッター。暇をつぶす娯楽はいくらでもあるが、これらは本当の意味で満たされないため、一時の暇をつぶしてもまた次の暇が直ぐにやってくる。欲望のままに行動を続ければ人は人でなくなる…

ブログを書けばいいじゃない

お盆休みいかがお過ごしですか? 相変わらず私のブログでは、いつも好き勝手書いております管理人です。 今年の夏は特別で、お外に出づらいですよね。だから例年よりも家で過ごす人が多いと思います。ずっと家で過ごすのは耐えられませんか?意外とイケます…

アンインストール

綿矢りさの名作ではありません。だってほら、綿矢りさのあの名作って敬語調じゃないじゃないですかぁ。 正体は、僕が定期的にアンインストールしているアプリTwitterのことです。みなさんも心当たりがおありでしょう。 憎きTwitterめ!承認欲求の鬼め塊め!…

目的のない〇〇をやめたい

今日は会社が休みなので、朝から思いつきで、手帳にやめたいことリストを書き連ねていた。 しかし私はごく普通の人間ですので、やめたいことリストなんてものは無限に想起されるに決まっています。なので一つ縛りをかけてみた。目的のない〇〇という縛りだ。…

今日から1週間コーヒーを断ちます!

持続する原因不明の体の重み。コーヒーに依存している自分がイヤという気持ち。コーヒー120回くらい連呼すると思うので気をつけて。以下、コーヒーのゲシュタルト崩壊していく様をお楽しみください。これは、僕から彼に対する宣戦布告である。 最近本を読ん…

時間がとまる場所

銭湯有給をとって今日も行ってきたが、やはりいい。今日は奮発して特別にスーパー銭湯だ。幸せ指数数%(スーパー銭湯)上昇だ。入浴料1000円は、ふだん常用する地元銭湯の倍以上の値段だがその価値は十分にある。客全員が気持ち良さそうに寛いでいるし、店…

スマホ触ってるだけで人生終わる気がする

いけないいけないと思いつつ、最近スマホゲームが楽しすぎて、もはやスマホがゲーム機と化しちゃってる。いやぁさ、もともとゲームにハマればすごくやっちゃうタチなのよ。ポケモンエメラルドとかプラチナとかマジで指紋薄れるくらいやってたからね。みんな…

コロナ終わったらやってやるリスト

緊急事態宣言が完全解除されそうなので。そろそろ、アフターコロナトゥドゥリストが現実味を帯びてきたので。 法隆寺へ行くブラタモリつながりで。法隆寺という太古の大先輩に会いに行きたい。コロナで悩んでた頃の小さい自分の小さい悩みを訊いてほしい。 …

ブロガーの皆様、GW特需が終わったようです

私の中で、GW2020 が終わりを告げました。 みなさんはいかように過ごされましたでしょうか? 今年はですね、GWというよりも、ただただ自粛期間の延長という感じが拭えませんでしたよね。したがって、連休という意識は皆無でした。だけど、いつものGWと違うと…

控えめに言って、だらだらブログ書いてる時間が至高すぎる。

思いつく限りの言葉で一つの記事を埋め尽くしたとき。言葉が枯渇する感じ、たまんない。 べらべら喋ればウィルスを撒き散らすけど、だらだら書いても何も散らさない。 読者の表情を想像する。だれかに的を絞ってみたり、だれにも絞らないでいたり。 書くザト…

5月はオンラインを断つ月間にします

5月はオンラインを断つ月間にします。というか、強制的にそうしなければならなくなりました。 ご覧ください。 今月のパケット残量がこちらです。 未来からきた未来人にも分かるように改めて説明しますが、今日はですね、まだ5月1日です。なのにこの有様です…

10万円入ることだしGWにやることを考える

今のうちに何か決めておかないと、怠慢な日々を過ごす事これ確実なのでここに書いておきます。 ブログってほんと便利。 GW中にやりたいことリスト ・ケンタッキーのGWパックを食べる UberEatsで注文。最近CMよくやってっから僕も食べたくなった。僕もあの女…

最近の私生活について1500文字で書く

どうも、おはこんにこんばんわ、おやす。 最近いろんな雑感があるので、この記事にゆるーく集約したいと思います。ただし唐突に終了するため、大船ではなくジェットコースターに乗ったような気持ちで最後までお付き合いいただけると幸いです。近況報告はブロ…

あの日、毎日が当たり前のように過ぎ去っていくのがただただ怖かった自分だった。

一昨年の夏、僕はもがいていた。八ヶ月間、職がなかった。働き盛りの男が何もしない日々は苦行以外の何物でもなかった。好きなことは何一つ制限された。大好きな喫茶店、料理店、娯楽、人とのつながり、一切を断ち切る他なかった。金銭的な意味合いも強いが…

人生で初めてマルチアレルギー検査(36項目)を受けてきた感想

2020年1月31日 とある健診機関で健康診断を受けてきました。その機関には、マルチアレルギー検査という少々珍しい検査があります。税別15000円という価格ですが、計36項目ものアレルギー度合いが数値化されるのです。この健診機関で受診するのは今回で三回目…

怒涛の2月です。

わりとここに書くのはお久しぶりな気がする。そのため、2月前半の近況を整理するという目的で書きます。毎週土日は安定のポケカジムバトル。おかげで、(体をきたえる)本命のコナミジムのほうはなかなかのご無沙汰であります。期間限定入会価格といえど、総…

いやなことは思い出したくないのだ!!

なぜか思い出してしまう嫌なこと。嫌なことばかりがつい頭をよぎる。実際に嫌なことが起きたときでさえも嫌なことに頭悩ませるのに、物事が起きたあともずっと心を支配されるなんて、最悪にも程がある。なぜ考えてしまうのか。それはもう二度と起こしたくな…

若いときは軽々しく「人生」などと口に出してはいけないと思う

俺の人生こんなんでいいのかな 人生で一番うれしかった出来事がおきた カンタンに人生、人生と口にする人。特に若い人。何を知っているというのか。まだ船は進みだしたばかりなのに。それを言うときってたぶん、極端なときや、よほど切羽詰まったときだ。そ…

書くザトウクジラのモーニングルーティン

アラームが鳴る前におきる →熟睡できてない、精神が張りつめている等の科学的根拠のないことは信じないタイプ カーテンを開けて伸びをする →ベッドの上で何時間も寝転んでいたから、伸びをして少しでも体を起こしてあげる 外の空気をすいこみ朝日を浴びる →…

最近の僕の時間の使い方…大丈夫?

ポケカ 8割 本、動画 2割 こんな感じだ。正直、ポケカにハマりすぎてやばばばい。こんなにハマるとは思っていなかった。やはり、僕には真性のデュエリストという血が流れているのだなということを実感せずにはいられない。そんなこと言ってる場合でもない…

アラサー男が考える理想の去り際4選

世の中には様々な "去り際" というものが存在します。なにもアラサーのサラリーマンだけがカッコつけて独占していいものでもありません。 でも、私にもそういうときがあるのです。その強引な夢を叶えたものが本記事になります。 お風呂からでるとき → "いい…

アラサー男が大人になったと思う瞬間6選

おはようございます。正月というのは、意外とやることが無いものです。 さて、雑談はこのくらいにして、今回の聞いてほしいお話ですが、なんでも深読みしてしまうアラサー僕が最近気になっている「これって、大人になった瞬間だよね」というものを簡単にまと…

2019年読んだ本は80冊、映画は35本でした。

年末になると一年の振り返りをしたくなる。なんかソワソワするんですよね。これはもはや日本人の宿命といえるでしょう。例に違わず、私もその一人です。 さて、タイトルにあるように今年のふり返りとして、自分を形作ったものの中で影響が高そうな「よんだ本…

2019年に断ち切ったこと一覧

2019年に「始めたこと」ではなく、「断ち切った」ことをふり返る僕らしいコーナー。 その背景として、始めたことって、なんとなく始めてみた、的な安易な理由が多い気がしていて、一方、断ち切ったことというのは、わりと深い意味があるのではないか?生活ス…

「駄文」という言葉がきらい

この世に駄文なんて存在しないと思っているから。 たとえ本当にそれがいわゆる駄文であったとしても、頭に思い浮かんだ「それ」は紛れもない事実であるから。すべてが発生前に否定されるというのは、人に一切のやる気を起こさせなくさせる。無気力になる。バ…