書くザトウクジラ

寄り道こそ、王道。

SNS疲れ解消!完全匿名つぶやきアプリ「ブラッガーツ」はいかが?

 
 

f:id:marimoconnect:20180628162020j:plain

 
 SNSは効果的に使用すれば、有益な情報収集手段となったり、仲のいいユーザーさんを中心に気軽につながれたりできます。もはや日常生活と切り離せないほどの距離感となっております。
 
 朝起きて、まず画面をチェックするのが習慣になっている、という方もおられるのではないでしょうか。依存性、中毒性がときに私達の生活を侵食することだってあるでしょう。
 そんなあなたに、SNSのようでSNSでない “完全匿名型” 幸せ自慢アプリ「ブラッガーツ」をご紹介いたします。
 
 
 

ブラッガーツとは?

 

f:id:marimoconnect:20180628162339p:plain

ブラッガーツとは、一言でいえば「あなたの幸せをつぶやいて自慢する」という趣旨のアプリです。 
☆iOS/Andoroid両対応
 

f:id:marimoconnect:20180628162441j:plain

 

通知:あなたの自慢が「すごいね!」されました

 僕はこの通知だけでも元気が湧いてきそうになります。

 
始め方も超簡単!あなたのスマホにインストールするだけで、すぐに始められます。匿名アプリの良いところです。以下、順をおってご説明していきたいと思います。
 
 
 

ブラッガーツの特徴

 f:id:marimoconnect:20180628163008p:plain
 
・ツイッターよりも気軽に「いいね!」
比較的Twitterのいいねよりたくさんしてくれる(僕の場合)し、すごいねする側もちゃんと匿名なので、より気軽にできるという心理なのかな。
※Twitterの場合、鍵アカでない限り「いいね」したユーザー名までバレバレ
 
 
・セルフすごいね
Twitter同様、セルフすごいねもできます。虚しいだけなのでやりません。ちなみに、セルフすごいねしたあとは取り消せません。加えて、人にすごいねしたやつも取り消せません。ただ、本アプリのすごいねに関しては、直感でやっている方が多いと思うので、取り消したくなるシチュエーションは皆無だと思います。
 
 
・コメント機能もあり
私はまだ試していませんが、コメント機能もあります。「あなたの自慢がすごいねされました」という通知だけで僕は満たされるので、コメントは求めていません。ですが一言コメントでももらえたらダブルで嬉しいだろうな、とは思います。次の項で、すごいね自慢までの手順をお伝えします。
 
 
 

「すごいね自慢」する手順

 
〈実際の画面〉

f:id:marimoconnect:20180628163745j:plain

 


①自慢のジャンルを選択(複数選択可)

幸運自慢、珍奇自慢、日常自慢、趣味自慢、お金自慢、仕事自慢、恋愛自慢、その他自慢
 
②匿名で自慢をつぶやく(最大160字)
 
アイコンを毎回変えられる
動物をかたどったカラフルなアイコン10種から選べます。
 
④コメント受付の可否を選択

 

 
〈今週の人気自慢〉 
一定数すごいねをもらえると、以下リストに載ります。一覧を見たところ、合計16すごいね以上で載りそうな感じですね。まぁ、本来の趣旨とちがうのでオマケ程度に考えておきましょう。

f:id:marimoconnect:20180628163607j:plain

 
 
 

ポジティブ要素しかないタイムライン

 

f:id:marimoconnect:20180628164227p:plain

 Twitterの場合、この人のつぶやきイマイチだと感じても、フォロー外すかミュートするしか方法ありません。本アプリ“ブラッガーツ”はミュートもフォローも必要ございません。その代わり、みなさんの「幸せ自慢」がひたすら流れ続けているだけです。眺めてる側もなんだか、幸せを分けてもらったような感覚になります。まさに、幸せ中毒です。
 
 人がSNSに疲れるときというのは、リアル世間同様、気をつかってつかわれて。人間関係に疲れたときかな、と僕は思うのです。(いいねしなくちゃ!強迫症、いいねしてほしい!カマッテ病) 

f:id:marimoconnect:20180628194002p:plain

リアルから離れたいがためにやってるSNSなのに、本末転倒になってる事ありませんか?
すこし休憩したいなと思ったとき、ブラッガーツは、あなたの心にそっと寄り添ってくれることでしょう。
 
ふだんSNSにとられる時間を短縮して、ブラッガーツでほどほどに幸せ自慢。
浮いた時間で、読書や映画鑑賞をしてみる。未来のあなたを形づくっていく貴重な、日々の時間。
これからは、贅沢に自分のためだけに時間をつかいませんか?