書くザトウクジラ

寄り道こそ、王道。

果物感ずっしりのローソン限定フルーツインティーを飲む。いや、食す。

 

本日2018年7月31日はフルーツインティーの発売日♪

ということで、私も買ってまいりました。

 

f:id:marimoconnect:20180731175428j:plain

 

 ちなみにこちら、ローソンとリプトンが共同開発した商品につき、ローソン限定発売となっております。

 本日は臨場感あふれるレポートをお楽しみください。なぜなら、実はさきほど4店舗まわってやっと、購入できたばかりなのです。

 もちろん、そのせいで喉もカラカラなので、早速ごくごくしながら記事にしたためたいと思います!

 

 

本商品の伝説について

 冒頭でも簡単に述べましたが、全国においてローソンのみが取り扱っている商品となります。

 下記のように、以前にもローソンで同じように発売がありました。その際、今年の7月3日に販売されたのですが、なんとわずか2日間で店頭から在庫が消えたということです。

 

第一回発売日 7月3日

www.lawson.co.jp

 

第二 / 第三発売日 7/31 & 8/28

 

前回がバカ売れしたためか、二日間の発売だけで今回は、合計50万本も用意されています。

ただ、全国のリプトンファン、コンビニスイーツファンの方々からすれば、この数字はまだまだ少ないと言えるかもしれません。

 

 

実食レポート

そして、おまたせ致しました。これより実食タイムに移ります。

まずは、カップのフタが邪魔ですので、こうします!

f:id:marimoconnect:20180731180914j:plain

 最初は、いくら今日発売したばかりとはいえ、店頭にすでに無いものと思いダメ元で、ローソンで注文してきたので、嬉しさのあまりテンパりすぎました。その結果、シロップ投入を忘れてしまいました。

 にも関わらず、ストレートでも全然いけます!なんでしょうこれは。パッケージには「フルーツをつぶすと、さらにおいしい」という文言が。

 早速つぶつぶしてみると、フルーツ本来の甘みがほんのり染み出してきて、甘すぎるのが苦手という方でも、お口に合うと思います!

スプーンとストローの二刀流スタイルは、ティーもフルーツも両方楽しめるのでオススメです。

 

カップ君は、扇風機の風によって右後方へふき飛ばされてしまいました。

f:id:marimoconnect:20180731181044j:plain

 写真に映るのは、おっきなレモンと砕かれたイチゴ片です。

 ちなみに、この小イチゴ達をつつんでいる氷のような塊は、かじっても味がしなかったので本当にこれは、ただの氷でした(笑)

 この2つがアイスティーに浸ることで、レモンの酸っぱさは丸くなり、イチゴの甘酸っぱさは倍増しになり、相性は最高だと感じました。

さすがフルーツインティーの名前はダテじゃない! 

 

 

価格と成分について

最後に、このフルーツインティーの出演キャストをご紹介しなければなりません。レモン、イチゴだけではございません。

 

〈原材料名〉

パインアップルシロップ漬け(パインアップル、砂糖)

いちご、砂糖混合異世化液糖、レモン、砂糖 / 安定剤、酸味料

 

f:id:marimoconnect:20180731182527j:plain

 

価格 350円(税込み)

正直に申しまして、安い、安すぎます。

ネット情報によりますと、これに類似した商品がリプトンであるのだそうですが、その商品の価格が600円であることから考えても、安いと思います。

 

 

また会えます

思い出のいちページ

 

ここまで書いてきて、ふと気づく。

私は空になったカップをしばらく眺めていました。レモンティーに優雅にただよう、パインアップルとイチゴを思い出していました。

しかし、これは永遠の別れではありません。8月28日にもう一度、発売されることが決まっています。

 

買えた方も、買えなかった方も。今度は夏の終わりのティータイムへ思いを馳せてみませんか。いつまでも、くよくよしていられません。せっかくの楽しい夏なのですから。

 

そして最後に、こんなすばらしい高品質のドゥリンクを、それもコンビニで取り扱ってくれたローソン様。心血を注いでくださったリプトン様に感謝するとともに、一旦のお別れとさせていただきます。

 

リプトンさん!

本当に、ごちローソンさまでした ^ ^