書くザトウクジラ

寄り道こそ、王道。

タイトルに句読点の「。」をつけると自分語り増える説

 
 

f:id:marimoconnect:20190210200528p:plain

 最近頻繁に「水曜日のダウンタウン」を観るようになりました。絶賛ハマり中マイフェイバリットテレビです。今更感あるとは言わないでね。夜の10時開始という時間設定もありがたい。私の生活リズムに合致。週の折返し地点の羽休め的な。さらに毎回内容のクオリティが保証されていますので、いつ観ても心の底から楽しめるのです。
 
 前回は「自転車のうえで人は24時間生活できる説」が最高でした。そして、まさかの説立証。最高でした。やっぱ芸人とは、バカバカしくやることのプロフェッショナルですね。

f:id:marimoconnect:20190210200704p:plain

 
 ダウンタウンと番組名に冠しながら、ダウンタウンが出しゃばらず、芸人が全力で体を張っていく感じが好きです。当番組に影響されてから、本ブログでも「ーー説」と記事名につけたくなりました。
 
 さて、本題はここから。
 タイトルに句読点の「。」をつけると自分語り増える説。立証開始。まずは私自身で検証してみましょう。身に覚えのある過去記事たちに順に登場してもらいます。

 

 

 
なかなかの自分語ラーの精鋭ぞろいでした。
 
 
 そして次は、こういった記事を書く前の自分の脳内を振り返ってみます。画面越しに映る自らのドヤ顔が鮮明に思い出されます。やっぱり何か企んでいるのですね。だけどそれは逆に考えれば、明確な思い、信念のようなものがその記事に込められていると言えるでしょう。つまり、タイトルの句読点「。」はブロガーの本気度の表れなのです。
 
 あとは、モーニング娘ってモーニング娘ではなく
「モーニング娘。」なのです。
 

f:id:marimoconnect:20190210201008p:plain

これはつんく♂さんのこだわりですが、姓名鑑定士によると、その句読点がすごく良い意味をもつのだそうです。姓名判断のことなので詳しいことは私は分かりませんが、それを聞いたときはなんだか「。」には、それ一つで全てを安定と調和に導く凄まじいパワーがあるのではないかと思ったほどです。
 
そういうことです。
しかし、丸のつけすぎは皆さんもそうだと思いますが私もあまり好みません。念の為、早見表置いておきますね。
 
 
。←標準
。。←かまってちゃん
。。。←ギャル
。。。。←打つの面倒くさい
ぷ。 ←ボウリングで投げる人を横から見た図
 
 
そういうことです。
 
みなさんは記事タイトルつける前、どんな顔をしてますか?苦々しい顔?目がうつろ?ハイな顔?
 
それともタイトルはつけない派?
 
そして、そのタイトルの最後に句読点の「。」をつけるときって、どんな心理なのでしょうか。気になります。
 
★+ ←間違えないでね。