書くザトウクジラ

寄り道こそ、王道。

念願の伊勢神宮!プチ一人旅してきました。

 

 おととい急きょ思い立った弾丸ひとり旅。日本一の神社「伊勢神宮」へ行ってきた。実は以前から気になっていた。

  地元の駅から始発の近鉄に乗り、五十鈴川駅へ向かった。始発につき、今日は4時30分に起床。前日はあえて、0時に眠りについた。私の「お伊勢参りしたい」という気持ちと「花金あとの究極の眠気」を天秤にかけ私は眠りについた。その結果、私を待っていたのは、数々の絶景と最高の感動体験であった。以下、詳細をつづる。

 

 


f:id:marimoconnect:20191005172844j:image

初めての伊勢神宮参拝は内宮からのスタート。橋を渡ると、日の丸国旗が風にたなびいていた。こういうとき、日本人としてどこか誇らしくおもう。

 


f:id:marimoconnect:20191005172923j:image

空、緑、地、そして日の丸。好天にも恵まれた。

 


f:id:marimoconnect:20191005172944j:image

境内を流れるのは五十鈴川(いすずがわ)である。いすゞ自動車の「いすず」はこの川の名前から取られたらしい。

 

 


f:id:marimoconnect:20191005173003j:image

内宮の正宮へ。この石段を登れば、もう写真は撮ってはいけない。若い人も少しいて、立派だな感心感心と思った。僕も若いけど

 


f:id:marimoconnect:20191005173028j:image

内宮の帰りに「おかげ横丁」へ。ネーミングの下町感がすき。すでにいい匂いが立ちこめる。

 


f:id:marimoconnect:20191005173053j:image

ふと視界にインするスヌーピー茶屋

予想外すぎたが、

 


f:id:marimoconnect:20191005173107j:image

もはやスヌーピーという生物は、もうどこにいても違和感ないくらい日本に浸透している。

 


f:id:marimoconnect:20191005173122j:image

秘伝のプリン液に浸されしプリントースト

フレンチトーストの3.7倍は甘かったし濃厚であった。

 

 


f:id:marimoconnect:20191005173218j:image

決して忘れていたわけではない。伊勢神宮の外宮へ参る。本来の参拝順と逆になってしまっただけである。そして私は、この池のみえる場所がどうしても気に入ってしまった。

 

 


f:id:marimoconnect:20191005173310j:image

外宮からの帰り。伊勢市駅の正面にある「お伊勢参りカフェ」というお店へ。主婦が容赦なく井戸端会議をしていた。つまり、居心地の良いお店ということだ。

 

 


f:id:marimoconnect:20191005173403j:image

御朱印はもちろん二つともいただいた。

内宮外宮というシンプルな印をみる限り、日本でこの言い方をしているのは伊勢神宮だけなのだろう。やはり、ここは特別な場所だ。

 

 

f:id:marimoconnect:20191005173446j:image

別れが惜しいと言わんばかりの夕焼け

 

空「さみしいか?またこいよ」

僕「もちろん。また来るさ」

 

日本人でよかったと思える一日であった。家に帰ったら今日のことをふり返りながら、ゆっくり湯船に浸かろうと思う。