書くザトウクジラ

寄り道こそ、王道。

最高の恋愛ドラマ「やまとなでしこ」

 


f:id:marimoconnect:20200713230650j:image

 

20年ぶりにやまとなでしこの再放送がされているので、今鑑賞中だ。途中から見だしだが、このドラマ最高である。桜子役は松嶋菜々子しかできないと思った。お金第一の桜子が少しずつ本物の愛に気づいていく。だめだ。このドラマの前ではどんな言葉もチープになる。


役者一人一人の言葉がまっすぐに刺さるのだ。シンプルな構成しかり、シンプルな演出しかり。人が求める理想の形というのは、いずれも似たような形を為しているものだ。本作はそれを絶妙かつ高次元に絡みあわせている。MISIAのEverythingとも恐ろしいほど噛み合う。


昨今は、何かの原作ありきのドラマが目立つが、テレビ局が本気を出して作ったドラマを今一度また観たいものだ。未来の名ドラマ作家を生むためにも、過去の名作をどんどん再放送してほしい。20年ぶりにやまとなでしこを総集編として再放送するフジテレビも粋だし、それをサポートするスポンサーも粋だ。


最終場面。


堤真一「好きです」からの
松嶋菜々子「私には見えるんです。10年後も20年後もあなたの傍に私がいる風景が。残念ながら、あなたと一緒にいると私は幸せです」


なんと古風で上品な結ばれ方だろう。最後まで残る桜子らしさもいい。


後日談の映像を最終回エンディングで流すのもいい。すべてをドラマで描き切らない。


ドラマ「やまとなでしこ」は間違いなく、日本が生んだ恋愛劇の最高傑作であり、また20年後に観ても色褪せないであろう名作である。