書くザトウクジラ

寄り道こそ、王道。

夏休みの自由研究「100年後の世界」

 


f:id:marimoconnect:20201004201917j:image

 

構想2秒、製作5秒

 

夏休みの自由研究として、この作品を提出します。

 

タイトルってやっぱり重要なんですよね。

 

本作品名が「ぐるぐる巻のダンボール」とか「ゴミ」 とかだったら本作品のもつ価値は半減してしまうことでしょう。

 

彼は、彼という存在は、タイトリングの意味について、今一度我々人類に考えさせているのです。人生とは?生きがいとは?そんな壮大なテーマを投げかけられているような、そんな厳然たる心持ちにさせます。

 

我々はどこから来て、どこへ向かうのか?

輪廻転生はあるか?

宇宙に真理はあるのか?

 

まさにそれは果てなき迷宮への誘い…

 

 

あっ、ごめんなさい。

 

夏休み、もうとっくに終わってますよね。